はじめてのカードローンと基礎知識

「カードローン」と聞いた時に、皆様は、どのようなイメージを持でしょうか。カードローンは利用者の使い方次第でその印象を大きく左右します。明確な目的や計画性がないままに、安易な気持ちでカードローンを利用していると、決して良くはない状況に陥ることもあるのです。
しかし、急にまとまったお金が必要になることは、誰にでも起こりうることです。カードローンをはじめとした様々な金融サービスは、計画的に利用すれば、とても使い勝手の有る心強い味方になってくれるのです。まずは正しいカードローンの知識を身に付け、理解した上で、正確な判断ができるようになることが大切です。今回は、カードローンの基本をご紹介します。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンとは

カードローンとは、急にお金が必要になった時に、お金を借りることができるサービスです。カードローン会社に申し込みを行い、審査通過後は、カードを使って、現金自動支払機から借り入れをすることが可能になります。利用できる借入限度額は、個人の信用力や申し込んだカードローン会社によって異なります。最大で1,000万円まで借り入れ可能なカードローン会社もあります。担保が不要というのもカードローンの特徴の一つです。カードローンは、あらかじめ決められた借入限度額までなら、何度でも借り入れすることが可能です。

 

カードローンの取り扱い会社

カードローンのサービスは、主に「消費者金融」と「銀行」の2つが提供しています。消費者金融のカードローンは、「総量規制」という決まりが適用されます。総量規制とは、借り入れの合計金額が年収の3分の1を超えないように規制することで、複数の会社から借り入れをしている場合は、借り入れの合計額で判断されます。 銀行のカードローンは総量規制が適用されませんが、銀行のカードローンも総量規制に準じた自主規制が行われています。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンは担保や保証人が不要

カードローンは、利用者の新幼保範囲内で借入限度額を設定するので、担保や保証人は必要ありません。一方で、担保付きローンよりも金利が高めになるというデメリットもあります。

 

 カードローンの使用目的は自由

カードローンの利用目的は自由です。但し、事業資金などに転用することはできません。

>>おススメのクレジットカードはこちら

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠の限度額内に含まれるため、高額なキャッシングで現金を引き出してしまうと、買い物時にカードが利用できなくなることも起こり得ます。また、キャッシングの金利は、カードローンより高い傾向です。一方、カードローンは、ショッピングの際にカードを使って直接、商品を購入することはできません。一度、ATMなどで現金を借り入れ、そのお金で商品の代金を支払うという流れになります。

クレジットカードはショッピング利用がメインなので、キャッシング枠は少なく、金利も高い傾向です。クレジットカードは、ショッピング利用をメインの目的にした方がよいでしょう。
クレジットカードは、利用に応じたポイントの付与や割引、保険などの付帯サービスが付いていることが多いので、よく使うサービスにマッチしたカードを1枚持っておくのも良いでしょう。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンのメリット

カードローンの一番のメリットは使い勝手の良さです。申し込みは、スマホなどから簡単にでき、 利用も、コンビニのATMで借り入れや返済がでます。

 

カードローンのデメリット

カードローンのデメリットは、カードローンの金利は他のローンと比較して高く、利息が日割りで発生することです。返済期間が長くなると利息が膨らみ、返済総額が大きくなってしまう点です。このような場合は、お金の余裕があるときに、繰り上げ返済をするのも1つの方法です。また、カードローンを複数社とローン契約をしていると、経済的に厳しいと判断され、他のローン審査に通りにくくなる可能性があります。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は複数あり、代表的なものは次の通りです。

「元金均等返済」

毎月の返済額のうち元金部分が均等で、そこに利息が加わった金額を支払う方法です。この方法は当初の返済負担は大きくなりますが、返済期間が短くでき、支払いが進むにつれて支払う金額は下がっていきます。

 元利均等返済

元金と利息の合計が一定になるように、毎月の返済額が決まります。期間中の返済金額は変わりませんが、返済当初の元本分はあまり減らず、返済総額は大きくなります。

リボルビング払い

借入金額に関わらず、毎月決まった額を返済する方式です。毎月の返済額を低く抑えられる一方で返済期間は伸び、利息や、返済総額も大きくなります。

定率方式

借入残高の決まった割合を、返済していく方法です。

残高スライド方式

毎月の返済額が、毎月締め日の借入残高にあわせてスライドしていく返済方式です。

借入時残高スライド返済方式

最終借入時点の借入残高を基準にして返済額が変動する返済方式です。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローン契約までの流れ

カードローンを利用するには審査に通る必要があります。最近では専業主婦やアルバイト、学生も利用できるカードローンがあります。まずは、カードローン会社に確認してみましょう。審査の際は、本人確認書類と50万円超の借入限度額を希望の場合には、自身の収入証明書が必要です。

 本人確認書類

【A】
運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、住民基本台帳カード、個人番号カード(表のみ)、在留カード、特別永住者証明書、各種保険証、国民年金手帳、母子健康手帳、住民票、戸籍謄本、住民票記載事項証明書
【B】
公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)、国税・地方税の領収書または納税証明書

※有効期限のない公的証明書については、発行日より6か月以内に作成されたものに限る。
※所持人記入欄の無い旅券(パスポート)については、【B】より追加書類2点が必要です。

【A】から2点、または、【A】から1点と【B】から1点が必要です。

収入証明書(写し)

源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書(その1・その2)

※個人事業主、会社経営者の方は課税証明書か納税証明書に限られます。

これらの書類をもとに年収や家族構成、持ち家の有無などから審査を行います。本審査後、勤務先へ電話をかけ確認を行う場合もあります。審査期間は利用する機関によって異なり、最速では3日程、長くて数週間かかる場合もあります。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンを比較するときのポイント

カードローン選ぶポイントは借入限度額、金利、審査スピード、審査通過率、借入返済の利便性がポイントとなります。

借入限度額

借入限度額は、100万円ほどは最低でも借り入れできるようになっていますが、常に満額を使い切ってしまうのではなく、借入は最低限に抑える努力をしましょう。

金利

当然ですが、金利はできるだけ低い機関を利用しましょう。消費者金融では最初の一定の期間、無利息キャンペーンなどを行っている会社もあるので確認してみましょう。

融資スピード

急にお金が必要になった時には、融資までにかかる時間は重要です。融資のスピードは、サービス提供会社によって様々で、スピードの速さを強みとしている機関では最短30分で審査、そして即日振込できるところもあります。

審査通過率

銀行が提供するカードローンと比べて 消費者金融のカードローンは比較的審査が通りやすく、審査期間も短いと言われています。 一つの企業に長く務める方などは良い評価を得やすく、住居形態も持ち家がある場合や、同じ所に長く住み続けている方は、それだけの経済力があると判断されます。また、可処分所得も審査基準となります。可処分所得は家族構成に影響され、独身の人や、共働きの夫婦、 親と同居していている人、子供が独立している夫婦などは可処分所得が多いと判断されます。

借入返済の利便性

カードローンの利用や返済がコンビニなどの提携ATMで利用できるサービスであると、とても便利です。返済は、借入金額に対する月々の最低返済額を確認しておくことも、重要です。

>>おススメのクレジットカードはこちら

まとめ

はじめて、カードローンを利用する際に注意しておくべきポイントを解説してきました。カードローンを上手く使うために大切なことは、返済までのイメージを掴んでおくことです。そのためには、借入額、利息、返済期間を、ある程度、事前に決めておくことが大切です。
また、カードローンを安易な気持ちで普段の生活費に充てると、返済に行き詰まる可能性があります。さらに、複数社のカードローンと契約をしてしまうと、そこから抜け出すのは至難の業になります。カードローンは利用者の使い方次第で、頼もしい味方にもなりますし、自らの首を絞めるものにもなり得ます。
カードローンの利用は、どのくらいなら返済できるかという計画を立てしっかりと使いこなしましょう。

おススメクレジットカード

楽天カード
12年連続顧客満足度No.1の楽天カード! 年会費無料のクレジットカードです。ポイント還元率は常時1%、楽天トラベル・楽天ダイニング加盟店での利用はポイント2倍、楽天市場でポイント3倍、スーパーポイントアッププログラムをうまく利用するとポイント9倍に。ネット不正あんしん制度や商品未着あんしん制度でネットショッピング時のトラブルに金額保証対応。また、海外レンタカー優待、手荷物宅配優待、海外旅行傷害保険など、旅行に便利なサービスも付帯。楽天ポイントを貯めたい方向けの、一番スタンダードなカードです。プリペイド型電子マネー「Edy」も搭載可能!ディズニーデザインやお買いものパンダデザインが選べます。
楽天カードのお申し込みはこちら
最もスタンダードなカード 三井住友カード
「先進」と「安心」を備えた充実の一枚、最もスタンダードなカード 総合ランキング掲載にはこれ!テレビCMでおなじみのスタンダードな一枚です。日本で初めて発行された、最も実績のあるVisaカード。電子マネーiD、PiTaPa、WAON、Visaタッチにも対応!インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!海外旅行傷害保険、最高2,000万円、ショッピング補償年間100万円が付帯!初年度年会費無料!
三井住友VISAカード お申込はこちら
ENEOSカード入会


ENEOSカードは、ライフスタイルに併せてC・P・Sの3種類から選べます。● S(スタンダード) は、年1回のカードご利用で年会費無料!ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き!● P(ポイントタイプ) は、カードを使えば使うほどポイントが貯まる!ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元!給油、洗車、オイル交換でポイントが貯まる!●C(キャッシュバックタイプ) は、毎月のカードご利用金額に応じて、ガソリン、軽油が最大7円/リットル引き!日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得!●3タイプとも、入会・年会費無料の24時間365日受付。『ENEOSロードサービス』がついています。
ENEOSカードのお申し込みはこちら
エポスカード

エポスカードは、世界中のVisaマークのあるお店で使える!ポイントが貯まる!年会費永久無料のカードです。また、年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力のひとつ。ポイントアップサイト「たまるマーケット」でポイントが2~30倍たまる♪ご利用枠が心配な大きい買い物には、「一時的な増額サービス」も!ためたポイントは「プリペイドカード」にチャージして有効活用!レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館の入場料などがご優待価格に!
※エポスカード申し込みは画像をクリック
三井住友カード ゴールド
ワンランク上の一枚「先進」と「安心」を備えた充実のカード。初年度年会費無料。海外・国内の旅行損害保険は最高5,000万円、ショッピング補償は年間300万円まで付帯!全国主要空港の空港ラウンジサービスが使える!日本で初めて発行された、最も実績のあるVisaカード。電子マネーiD、PiTaPa、WAON、Visaタッチにも対応!インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!初年度年会費無料!ネット申し込みで最短翌営業日カード発行!
極上の生活 三井住友VISA ゴールドカード
アプラスG・O・Gカード


アプラスG・O・Gカード会員になると、インターネット接続機器のオンサイトサポート、テクニカルサポート、パソコン修理、データ復旧などのICTに関するサポートサービスを、会員割引料金または無料でお得にご利用いただけます!アプラスカードショッピングポイントが貯まる特典もあります。
初年度年会費無料
アプラスG・O・Gカードのお申し込みはこちら