カードローンの審査に落ちないための対策

 

カードローンを利用するには、必ず金融機関の審査があります。やはり、誰しもが審査には落ちたくはありません 。そこで、この記事では、カードローンの審査に落ちないための対策を明確にするために、ローン会社が行う審査の内容を確認して、その対策を説明します。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンの審査項目

通常、カードローンの審査には、どのようなポイントがチェックされるのでしょうか。一般的には、以下のとおりです。

  • 年収が継続して安定しているか
  • 過去にカード事故など信用情報に傷がないかを
  • 他の金融機関などからの借り入れ状況
  • 申込時に申請された借入の希望金額
  • 勤め先の勤続年数
  • 家族構成などその他の本人属性

では、詳しく見ていきましょう。

>>おススメのクレジットカードはこちら

信用情報

信用情報は、過去にあった金融機関との取引履歴です。日本ではJICC(日本信用情報機構)とCICが指定信用情報機関として登録されています。カードローンの審査では、これらの信用情報機関に対し調査することが義務付けられています。たった一度の延滞でも、情報として記録されます。後の審査において影響をもたらす可能性があることは避けるようにしましょう。

他社の借り入れ状況

信用情報審査によって、他の金融機関からの借り入れも判明します。その際、借入が1社のみからで少額であれば、問題はありませんが、複数社から多額の借入がある場合は審査に通らない可能性が高くなります。

職業と勤続年数

カードローンの審査において、勤務年数は重要です。継続かつ安定した収入は審査における重要なポイントです。 収入のない方はローンの審査に通ることはありません。パートやアルバイトの場合でも、問題ありませんし、勤務年数が長ければ審査には有利です。また、会社の規模や従業員数も審査の対象になります。個人事業主は、安定という点で不利になることもありますが、それだけで審査に落ちるということはありません。

年収

年収はカードローンを利用できるかの審査と当時に、その借入限度額の審査の対象となります。特に消費者金融系のカードローンにおいては「総量規制」の対象を受けるため、年収の3分の1以上の借入れを行うことは不可能です。カード会社は毎月きちんと返済できる収入および年収が確保されているかを審査するわけです。従って年収が低いから審査に通らないということはありません。あくまで、「継続して安定した収入がある」ことが審査における重要なポイントであることには変わりはありません。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンの審査に落ちてしまう場合

以下のような場合には、審査に落ちてしまう可能性が高まります。

収入が安定しない

継続かつ安定した収入がない方は審査に通過することはありません。

信用情報に傷がある

3ケ月以上の長期滞納、破産等の債務整理、代位弁済強制解約などがあった場合で、信用情報に、事故情報の登録があると、ほぼ審査に通ることはありません。

 借入希望額が総量規制を超えている

消費者金融のカードローンは、総量規制の対象となるため、年収の3分の1以上の借入は出来ません。また、銀行のカードローンも、自主規制により年収の3分の1を超えて融資することないため、審査に通らないことがあります。

他社の借入れが多い

カードローンに申し込んだ時点で4社以上からの借入れがある場合は、多重債務者であると判断される場合があります。

在籍確認が取れない

在籍確認は、審査の中で審査の中で重要な位置です。在籍確認が取れない場合は、審査に通ることはありません。

申し込み内容の虚偽記載

申告の際に虚偽の内容で行うことは犯罪です。悪質な場合は、信用情報機関に登録されます。また、カードローンの審査に通過することもありません。

>>おススメのクレジットカードはこちら

カードローンの審査に落ちないための対策

以上のように、カードローンの審査に通過するためには、審査に落ちてしまう要因を無くしていくことが重要です。具体的には以下のとおりです。

1.安定した収入を確保する
2.借入れ希望額を、総量規制以内にする
3.申し込み時には必ず正確な情報を申告する
4.短期間に複数社への申し込みをしない
5.あらかじめ自身の信用情報を要求して確認しておく

>>おススメのクレジットカードはこちら

まとめ

もし、カードローンの審査が通らなかったとしても、ローン会社は、審査の経過や内容を、答えてくれる会社はありません。審査を通過させる一番の対策は、軽い気持ちで延滞などをしないように、ここに書かれている項目の内容を少しでも良くするよう心掛け、計画的に金融サービスを利用しましょう。

おススメクレジットカード

楽天カード
12年連続顧客満足度No.1の楽天カード! 年会費無料のクレジットカードです。ポイント還元率は常時1%、楽天トラベル・楽天ダイニング加盟店での利用はポイント2倍、楽天市場でポイント3倍、スーパーポイントアッププログラムをうまく利用するとポイント9倍に。ネット不正あんしん制度や商品未着あんしん制度でネットショッピング時のトラブルに金額保証対応。また、海外レンタカー優待、手荷物宅配優待、海外旅行傷害保険など、旅行に便利なサービスも付帯。楽天ポイントを貯めたい方向けの、一番スタンダードなカードです。プリペイド型電子マネー「Edy」も搭載可能!ディズニーデザインやお買いものパンダデザインが選べます。
楽天カードのお申し込みはこちら
最もスタンダードなカード 三井住友カード
「先進」と「安心」を備えた充実の一枚、最もスタンダードなカード 総合ランキング掲載にはこれ!テレビCMでおなじみのスタンダードな一枚です。日本で初めて発行された、最も実績のあるVisaカード。電子マネーiD、PiTaPa、WAON、Visaタッチにも対応!インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!海外旅行傷害保険、最高2,000万円、ショッピング補償年間100万円が付帯!初年度年会費無料!
三井住友VISAカード お申込はこちら
ENEOSカード入会


ENEOSカードは、ライフスタイルに併せてC・P・Sの3種類から選べます。● S(スタンダード) は、年1回のカードご利用で年会費無料!ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き!● P(ポイントタイプ) は、カードを使えば使うほどポイントが貯まる!ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元!給油、洗車、オイル交換でポイントが貯まる!●C(キャッシュバックタイプ) は、毎月のカードご利用金額に応じて、ガソリン、軽油が最大7円/リットル引き!日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得!●3タイプとも、入会・年会費無料の24時間365日受付。『ENEOSロードサービス』がついています。
ENEOSカードのお申し込みはこちら
エポスカード

エポスカードは、世界中のVisaマークのあるお店で使える!ポイントが貯まる!年会費永久無料のカードです。また、年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力のひとつ。ポイントアップサイト「たまるマーケット」でポイントが2~30倍たまる♪ご利用枠が心配な大きい買い物には、「一時的な増額サービス」も!ためたポイントは「プリペイドカード」にチャージして有効活用!レストラン、居酒屋、カフェ、美容院、カラオケでの割引や遊園地、水族館の入場料などがご優待価格に!
※エポスカード申し込みは画像をクリック
三井住友カード ゴールド
ワンランク上の一枚「先進」と「安心」を備えた充実のカード。初年度年会費無料。海外・国内の旅行損害保険は最高5,000万円、ショッピング補償は年間300万円まで付帯!全国主要空港の空港ラウンジサービスが使える!日本で初めて発行された、最も実績のあるVisaカード。電子マネーiD、PiTaPa、WAON、Visaタッチにも対応!インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!初年度年会費無料!ネット申し込みで最短翌営業日カード発行!
極上の生活 三井住友VISA ゴールドカード
アプラスG・O・Gカード


アプラスG・O・Gカード会員になると、インターネット接続機器のオンサイトサポート、テクニカルサポート、パソコン修理、データ復旧などのICTに関するサポートサービスを、会員割引料金または無料でお得にご利用いただけます!アプラスカードショッピングポイントが貯まる特典もあります。
初年度年会費無料
アプラスG・O・Gカードのお申し込みはこちら