三井住友ナンバーレスカード(NL)をおススメする理由

クレジットカード選びは、多くの種類があり、どれが自分に合っているのか迷ってしまいがちです。クレジットカード選ぶ際に、本当に押えるべきポイントは幾つかに絞られます。そこで、ご紹介するのは、進化を続けるキャッシュレス時代のスタンダード「三井住友カード」です。

この記事では、クレジットカードを比較するときに押さえておきたい7つのポイントと「三井住友カード」をおススメする理由をご説明します。

三井住友VISAカード お申込はこちら

クレジットカードを選ぶときに押さえておきたい8つの注意点

クレジットカードには、多くの種類があります。でも、クレジットカードを作るからには納得の1枚を選びたいですよね。そこで、クレジットカードを検討するときは次の8つの注意点を確認してください。

  1. 年会費:カードを維持するための年間コスト。
  2. ブランド:信用力のあるカードを、愛着を持って使いたい。
  3. ランク :同じカードの中にもランクがあります。一般 < ゴールド < プラチナ < ブラック
  4. 系統:銀行系、信販系、流通系、ネット通信系、交通系、消費者金融系。
  5. 付帯サービス:カードを持つことによって受けることができるサービスです。
  6. ポイント:利用するごとに溜まるお得なポイントがあるか。
  7. 使用用途:貯めたポイントをどのように利用できるか。
  8. セキュリティー:安心、安全に利用できるか。最も大切な点です!

以上8つの項目を総合的に判断すると、一番おすすめしたいのが「三井住友ナンバーレスカード(NL)」です。特に、最初に持つ一枚には最適のカードです。それでは、1つずつ確認して行きましょう。

三井住友VISAカード お申込はこちら

1.年会費:三井住友ナンバーレスカード(NL)は、年会費永年無料!

先ずは、年会費です。三井住友ナンバーレスカードは、初年度のみならず、2年目以降も会費が無料です。維持費がかからないのは、本当にうれしいですね!

2.ブランド:三井住友カードは「VISA」「Mastercard」どちらも対応!

三井住友カードは、国際ブランドの「VISA」と「Mastercard」のどちらにも対応しています。カードを作るときにいずれかを指定してください。どちらのブランドも世界200ヵ国以上に渡る加盟店での利用が可能です。加盟店数はどちらも7,000万店に上ります。

3.ランク:三井住友カードには13種類のカードがある

他社との提携カード以外で、三井住友カードが直接発行しているカードは現在13種類あります。初めて、クレジットカードを検討している方や、三井住友カードを初めて作ろうと思っている方には、唯一、年会費も永年無料の「三井住友カード ナンバーレス」をおすすめいたします。ナンバーレスについては、後ほどご説明いたします。

4.系統:やはり銀行系のカードを選びたい

クレジットカードは、発行している会社の系統で分けることができます、大きく分けると、銀行系、流通系、信販系、ネット通信系、交通系、消費者金融系などがあります。やはり、金融機関の代表格である銀行系のクレジットカードには安心感があるのではないでしょうか。三井住友カードは、日本で初めて国際ブランド「VISA」と提携した安心・信頼のカードです。クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが58%にのぼり、世界No.1。海外旅行や留学に一枚持っておけば、間違いのないカードといえます。

5.付帯サービス

クレジットカードの種類が増えている中で、「付帯サービス」は、カード選ぶときの大きな決め手です。付帯サービスとはクレジットカードを作ったら自動的に付いてくるサービスのことで、ポイント付与のほかにも、会員向けにたくさんのサービスが用意されています。三井住友カードナンバーレスには、旅費などを当カードで支払うと、最高2,000万円の国内海外旅行傷害保険のサービスが付いています。

この保険には、旅行中の病気やケガの他、盗難にあったり、ホテルの備品を壊してしまった時にも補償の対象となるので、旅行も安心して楽しむことができます。また、世界の主要都市に設置されている「VJデスク」が利用でき、現地の観光情報のご提供からレストラン・チケットの予約、カードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまで、カード利用者の旅を日本語で力強くバックアップします。また、とっさの時の海外キャッシュサービスにも対応しています。

三井住友VISAカード お申込はこちら

6.ポイント:三井住友カードは、ポイントがたまりやすい!

Vポイントとは、三井住友カードの利用金額に応じてもらえるポイントです。カードの利用で、毎月の利用金額の合計が税込み200円ごとに1ポイント貯まります。ネットショッピングや、コンビニなど店頭で1ポイント=1円で使うことができます。また、景品交換や他社ポイントへの移行などに使うこともできます。スマートフォンアプリ「Vポイント」をインストールし、Vポイントをチャージすることで、ネットショッピングや店舗での買物に、1ポイント=1円で利用が可能。さらに、おなじみのコンビニエンスストア3社や、マクドナルドの店頭での支払いに、三井住友カードを利用すると、ポイントが+2%の2.5%も還元されるんです(※1)

そのうえ、タッチ決済の利用だと、最大5%の還元と、とってもお得なんです(※2)

  • 通常ポイントが0.5%
  • 主要コンビニ・マクドナルドでいつでも2%
  • タッチ決済で2.5%

税込で1000円分の商品を買えばいつでも50Pが入手できるのは、実にうれしい特典ですね。

※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※2 一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」

三井住友カードが運営するポイントモール「ポイントUPモール」では、いつものお店でのネットショッピングを「ポイントUPモール」を経由して買うとポイントが更に貯まります。「ココイコ!」サービスの掲載店舗にエントリーをしてからカード支払いで買い物をすると、ポイントが最大+9.5%還元されます。掲載店舗もとても充実しています。

SBI証券と三井住友カードが提携!投資をしてもポイントがたまる!

近年の個人投資家の資産形成に対する意識の高まりを受けて、SBI証券と三井住友カードが提携をしました。それにより、三井住友カードを使ってSBI証券の投資信託の積立買付けが可能になりました。また、両社の金融商品仲介サービスの提携により、三井住友カードのWEBサイト経由でSBI証券の証券総合口座を開設した場合、国内株式や投資信託の資産運用でVポイントが貯まるサービスも提供しています。SBI証券の「投信積立サービス」では、1ヶ月に5万円まで三井住友カードでの決済が可能となり、決済金額の0.5%分のVポイントが付与されます。これまで以上にVポイントが貯まりやすくなります!

三井住友VISAカード お申込はこちら

7.使用用途:貯めたポイントを柔軟に使えるカードを選ぶのがおすすめ

三井住友カードで貯まったポイントは、よく使うお店・サービスのポイントに移行できたり、景品やギフトカードと交換したり、キャッシュバックを受けたりと、とても柔軟に利用することができます。

ポイントの交換先
ポイント移行 ANAマイル(5ポイント→3マイル)
楽天ポイント(500ポイント→350ポイント)
Tポイント(500ポイント→400ポイント)
景品・ギフトカード交換 家電、日用品、食料品、VJAギフトカード、など
キャッシュバック 10ポイント→5円

三井住友VISAカード お申込はこちら

8.セキュリティー:安心、安全に利用できるか。

クレジットカードを使う上で最も大切なことは安全性です。実は、三井住友カード「ナンバーレスカード」には、表面にも裏面にもカード番号が表示されてない、〝完全ナンバーレス化〟を実現したカードなのです。カード番号や有効期限、セキュリティーコードなどの情報は、生体認証で守られた「Vpass」アプリで管理され、必要な時だけ番号表示をする安心設計なのです。アプリもワンタップでカードの利用制限や解除ができ、「ネット利用のみ制限」「海外利用を制限」といった細かい設定も可能になっています。これにより、カード番号をのぞき見されたり、といった心配から解放されます。

最近では、クレジットカード情報の流出や不正使用、紛失、盗難への不安が増加しています。三井住友カードは、このようなナンバーレスカードを導入し、利用通知や利用制限をアプリで管理できるようにしたところ、2020年以降、前年比2倍のペースで新規入会者を集める人気のカードになりました。

三井住友VISAカード お申込はこちら 

その他にもいっぱい!三井住友カードの魅力!

電子マネーにも対応!

三井住友カードは、iD、PiTaPa、WAON、Visaタッチ、Mastercardコンタクトレスなど、多くの電子マネーに対応しています。特に、電子マネー「iD」は、三井住友カードとの相性がピッタリです。iDは「iD」のマークのあるお店でカードや携帯機器をタッチするだけで支払いができるチャージ不要の電子マネーです。しかも、三井住友カード iDの年会費、発行手数料は無料です。

iD3つのポイント

  1. 事前のチャージが不要な電子マネーだからとっても便利!「iD」は面倒なチャージが必要ありません。「iD」の利用代金はクレジットカードの利用分と合算で支払いができます。
  2. 「iD」は身近なお店でご利用でき、コンビニや自動販売機でもサッとかざしてサインも不要、とっても便利です。
  3. 少額決済でもポイントが貯まるので、現金払いよりも断然お得です。貯めたポイントは、利用代金に充当できるiDバリューに交換するのがおトクです!

最短翌営業日でカード発行

三井住友カードなら、最短で翌営業日にカード発行ができます!そして、すぐにオンライン決済が利用できます。

  • ネットで申し込み、約100の金融機関から支払い口座を選べます。
  • 入会審査の結果を最短当日にメールでご連絡。申し込みから最短翌営業日でカード発行可能!
  • 簡易書留で手元にカードが届きます。申し込みから約1週間でのカード到着が目安です。

※3「営業日」は土日祝日を除く

万一の紛失・盗難による不正利用を補償する「会員補償制度」

万が一被害にあっても三井住友カードなら安心です!不正利用が発生しても、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害補償が可能。

とっても便利なVpassアプリ

Vpassアプリをダウンロードすると、カード利用後に通知がアプリに届くので、いつどこで使ったかがすぐ分かります!アプリからカードを一時停止にもできる「安心利用制限サービス」があるので、万が一カードを無くしても安心です!「家計管理機能」は、ポイントも電子マネーも一緒に管理できて、これ1つあれば家計の管理もとっても簡単!

三井住友カードは、その他にもスマホ決済や、リボ払い、キャッシング、ETC、家族カード、未成年でも作れる学生カードなどもあり、様々なシーンに利用できる、使い勝手の有るカードです。

三井住友VISAカード お申込はこちら

三井住友カードに関するよくある質問

使いすぎてしまわないか、心配なのですが…

利用者が指定できる「利用上限金額」を超えるとメールまたはプッシュで知らせる「使いすぎ防止サービス」を利用することで、使いすぎを抑制できます。

 

もし不正利用にあってしまったら、どうなりますか?

不正利用については、カードにICチップがついており、偽造が困難なため、未然に防止できます。

それでも不正利用にあってしまったら…カード紛失・盗難の届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用については三井住友カードが補償します。カード紛失・盗難以外の不正利用の場合も、同様に補償されます。

 

使いすぎてしまいました…何かいい方法はありませんか?

毎月のお支払い金額を利用者自身で決めることができる、「マイ・ペイすリボ」を利用すると便利です。

 

スマホでいくら使ったのかを確認できますか?

Vpassアプリをダウンロードすれば、利用明細をいつでも確認できます!

また、ポイント残高の確認もできます。

 

カードで購入した商品が盗難にあってしまったら、不安です…補償はありますか?

三井住友カードでクレジット決済し、購入された商品の破損・盗難による損害を、購入日およびその翌日から200日間補償します。

三井住友VISAカード お申込はこちら

まとめ

サッカー選手のテレビCMでもおなじみの三井住友カード。三井住友カードは日本で最初にVISAカードを発行しました。発行しているカードの種類も多彩で、一般カードからプラチナカードはもちろん、学生カードも発行しています。また、国際ブランドではVISAのみならず、MasterCardや中国銀聯とも提携しています。カード会社としての歴史も長く、サポート体制、セキュリティ対策も万全で、ポイントモールも充実しています。

最もスタンダードなカード 総合ランキング掲載にはこれ

三井住友VISAカード お申込はこちら


三井住友VISAカード お申込はこちら

進化を続けるキャッシュレス時代のスタンダード

  • 2021年2月に新登場。安全性に優れたナンバーレスカードで年会費は永年無料!
  • 電子マネー(iD、PiTaPa、WAON、Visaタッチ、Mastercardコンタクトレス)にも対応!
  • インターネット不正利用補償、カード利用24時間監視システムなど、セキュリティ性能は万全!
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円※1)が付帯!
入会基準 年会費 発行まで 追加カード・電子マネー 付帯保険
初年度 翌年度以降
満18歳以上

高校生は除く。

無料 無料 ネット申し込みで
最短翌営業日
 

旅行傷害保険

※1.利用条件あり

三井住友VISAカード お申込はこちら