TOPページ

会社経営の要諦4つのポイント

一念発起して起こした会社を、安定そして発展させ続けていくために、最も大切なことは何でしょうか。多くの要素が思い浮かぶでしょうが、大きく分類すると、「人」「もの」「情報」「お金」の4つの管理が重要であるといわれています。

会社経営の要諦4つのポイントとは

「人」の管理は、健康の維持から始まり、専門知識や技術の習得、さらには経営理念の確立と実践、そして経営者としての人格形成に至るまで、人が成長するには長い道のりが必要です。
「もの」に関しては、その企業が提供する商品やサービスの開発、改善、改良、それに加えて、道具、設備、そして不動産を含む環境全体の整備までが範囲に含まれています。
「情報」は、収集と発信に分けられます。情報の収集は、可能な限りあらゆる方面にアンテナを張り巡らせる必要があります。ライバル企業や顧客は勿論のこと、他業界からも情報を集めて、消化、吸収し自社の企業活動全般に応用していくことが求められます。情報発信に関しては、現在の顧客はただ単にモノやサービスを消費するだけではありません。そこに情報の付加価値が求められています。なぜ、その商品やサービスでなければならないのか、といった背景が解りやすく伝わらなければ、消費行動に結びつくことはありません。
そして、最後に一番重要なのが「お金」の管理です。

>>おすすめの事業資金調達

「お金」の管理で最も重要な「資金繰り」とは?

企業を継続させていくには、「お金」の管理、とりわけ「資金繰り」が重要です。多くの経営者は企業が赤字を出さないように、日々努力していることでしょう。しかし、いくら黒字であっても資金繰りが悪ければ、会社は倒産してしまいます。経営者は、会社がどの様な規模であっても「資金繰り」の重要性について知っておくべきでしょう。

「資金操り」とは

「資金操り」とは、会社の資金である現金や預金などの増減を時系列に管理して、資金がなくなる場面を作らないように管理調整することです。資金が足りない状況になると、仕入れや、製造、雇用など通常の企業活動に悪影響が現れ、さらに経営を圧迫していく恐れがあります。最悪の場合、倒産につながる可能性もあります。資金繰りはそういった事態に陥らないために行います。資金が足りなくなってから資金繰りを考えても手遅れとなってしまうため、日頃から資金が不足しないように管理することに加えて、万が一に備えて対策を立てておくことが重要です。

>>おすすめの事業資金調達

「利益」と「資金」の違い

経営者の中には、「利益=資金」と思い込んでいる人はいないでしょうか。会社が利益を出して黒字であっても、資金が不足していくと倒産に近づく状態になってしまいます。なぜなら、帳簿上の利益と今ある現金は一致しないからです。「資金」とは、現金や普通預金、当座預金、郵便貯金などのように、会社としてすぐに支払いに充てることができるものを指しています。それに対して、帳簿上の利益は、棚卸資産や、在庫、そして売掛金をもとに計算しています。しかし、それらは直ちに現金に変わることはないので、会計上は「資金」には含まれず「資産」となります。そこで、経理処理をしていることが資金繰りの管理だと勘違いしてしまうと、計算上の利益と実際の現金を混同してしまい、支払いの段階になって現金が足りなくなる、ということが起ってしまいます。

「資金繰り」と「キャッシュフロー」の違い

会社の決算書は「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」などを指します。その中の「キャッシュフロー計算書」は、貸借対照表や損益計算書を基にして、過去の一定期間に現金がどのように動いたかを表しています。一方で資金繰りは、将来に発生する金銭の流れを、事前に把握し、予め対策を立てようとするものです。キャッシュフローは過去の結果を集計したもの、資金繰り表は将来のお金の出入りを、目に見えるようにまとめるものです。先ずは、資金繰り表を作成して、現在の数字とこれからのお金の出入りの見通しを明確にしましょう。

>>おすすめの事業資金調達

会社は黒字でも倒産することがある

2019年に東京商工リサーチが行った調査によると、1年間に発生した企業倒産のうち、47.2%は黒字倒産でした。なぜ黒字の経営であったにも関わらず、倒産してしまう会社があるのでしょうか?それは、会社の倒産とは、支払いができなくなった状態をいうのであって、赤字が出ることは、倒産の原因の1つに他なりません。赤字が出ていても、資金がショートせずに回っていれば倒産することはありません。
ただし、赤字が根本的な原因で長期間に渡っている場合は、早急に、その原因の改善作業に全力を挙げていく必要があります。

資金繰りが悪化する要因は何か?

売上が伸びていけば、資金繰りが楽になると考えるかもしれません。しかし、入金と支払いのタイミングによっては、かえって資金繰りが悪化してしまうことがあります。例えば、急に大量の受注が入ったとします。大きな取引は、会社の売上げには貢献しますが、それに伴う仕入れの費用や外注費、人件費の支払いが、売上金を回収するよりも先に発生してしまうと、たちまち資金が不足して支払い不能になることもあり得ます。だからといって、せっかくの受注を断るわけにもいきません。このままの状態を放置しておくと、まさしく黒字倒産です。

>>おすすめの事業資金調達

具体的な「資金繰り」改善法

資金繰りを改善するにはどのような方法があるのでしょうか。「資金繰り表」を作成して、現金化していない資産を見直すことが大切です。もしかすると、現金化することで一気に資金繰りが改善できるかもしれないからです。未回収で放置されている売上金の回収や、不良在庫を処分すれば、現金化できるはずです。

資金を外部から調達する方法

資金繰りが厳しいときは、会社の内部にある資産を現金化するのが、一番、最初に取るべき方法です。それでも、必要となる資金が不足している場合は、外部から調達して急場を凌ぐ方法があります。会社の状態が根本的に赤字体質で、将来に渡って利益を上げる見込みが、全く立たないのであれば別ですが、一時的な支払いさえ乗り越えた後に、一定の売り上げが見込めるのであれば、外部からの資金を充当して、会社の存続を図るのは順当な考えです。

資金を調達する方法は、様々あります。銀行からの融資や、国、地方自治体の補助金や、助成金を検討する方法もあります。さらには、既存の株主や知人、または投資家に対して新株を発行し、資金調達する「増資」という方法もあります。いずれにしても、これらの方法は、資料作成や申込条件、事業計画書の作成や説明など、かなりの労力と時間が必要になります。

>>おすすめの事業資金調達

スピーディーな資金調達法

会社経営をしていると、どうしても資金繰りでピンチになることがあります。
売上げが急激に減った…。
急な支払いが必要になった…。
取引先の入金が遅れで、社員の給料が支払えない…。
などなど。
急いでいる、時間がない、すぐにお金を調達しなければいけない。
そのような時ににうってつけの早急に対応できる今話題の、頼りになる資金調達の方法ををご紹介します。

>>ファクタリングとは

>>事業性ローンとは

>>M&Aとは

おススメのファクタリング

会社にいながら資金調達。最短30分で無料見積!【アクティブサポート】
アクティブサポートのファクタリングサービスは、法人はもちろん個人事業主でも利用可能です。償還請求権なしのファクタリング契約なので、取引先倒産による返金の可能性がないので安心です。最大30分で買取手数料の見積を提出致します。300万円までの資金調達なら最短即日で実行!見積先行だから契約も安心です。見積依頼だけでも歓迎!
資金調達はアクティブサポート!完全無料見積30分お申し込みはこちら
非対面契約に特化したウィット
借入ではない新しいかたちの事業資金調達方法「ファクタリング」 最短2時間で請求書を現金化!業界内でも数少ない非対面契約に特化!売掛先にファクタリングした事を知られずに契約完了が可能!法人、個人事業主は問いません。過去の借入事故等、一切関係なく利用できます。初めての方にも丁寧に説明致します。スマホだけあれば、全国どこでも利用可能!取引先に知られず簡単な2社間契約、手数料重視の3社間取引、どちらも対応可能です。!
ウィットのお申し込みはこちら
WEB完結!最速2時間入金!売掛金前払い【QuQuMo online】
「QuQuMo online」は、償還請求権なしの売掛金前払いサービスです。従来のファクタリングサービスと違い、WEB完結で圧倒的なスピードと手数料の安さを実現!申し込みから入金まで最短2時間です。WEB完結だからこそ、日本全国対応! パソコンかスマホがあれば契約締結まで可能です。法人、個人事業主、フリーランスOK。売掛金さえ保有していれば全ての事業主様に対応!
【QuQuMo online】お申し込みはこちら
いーばんく
いーばんくは、低手数料で、即日資金化が可能!多忙な事業主様には会社まで伺う訪問サービスを行っています。対面型の契約が出来ない方は郵送にて契約が可能です。30万円~5000万円まで買取可能。徹底した秘密厳守で取引先に知られずに利用できます。選べる3つのファクタリングサービス。スピードプラン限度額最大2,000万円、審査スピード最短即日!ノーマルプラン限度額最大2,000万円、審査スピード1〜3日!リーズナブルプラン限度額最大50万円、審査スピード最短1週間!全国対応!
土日祝日、平日時間外の振り込みもOK!【いーばんく】お申し込みはこちら
ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】
「えんナビ」のファクタリングは、企業様が保有している売掛金を買い取ることで、最短1日で入金償還請求権の無いファクタリング。つまり、利用者に保証を求めない契約なので返還義務は発生しません、ご安心ください。対応額は50万~5千万となります。24時間365日最短1日の資金調達が可能。営業スタッフの出張も可能です。メールや電話での契約も可能。お気軽にご連絡ください。
ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】お申し込みはこちら
資金調達プロ ファクタリング10秒カンタン無料診断
「資金調達プロ」が提供しているファクタリングサービスは、10秒でカンタン無料診断ができ、個人情報を入力する必要はありません。経営者、法人向けに資金を提供するサービスです。無料診断後、すぐに資金調達のプロが最適な資金調達法を紹介します。急な資金需要に備えて、診断だけでもOKです。
日本最大級の資金調達情報サイト【資金調達プロ】お申し込みはこちら
事業資金の早期調達ファクタリングの無料一括見積査定 【チョウタツ王】
「入金前の売掛金を高く売りたい」「資金調達に時間を掛けたくない」ファクタリングの無料一括見積査定 【チョウタツ王】は、そんな悩みを抱える事業主の資金調達を効率的かつスピーディーに達成します。最大8社のファクタリング会社が提示した売掛金の相見積もりを行うことが可能となる新しいサービスです。30万円~最大1億円まで対応。最短即日で資金調達が完了します。まずは、お申し込みを!
ファクタリングの無料一括査定お申し込みはこちら

おすすめビジネスローン

【Carent】来店不要のネット完結事業資金
Carentが提供する事業資金専用キャッシングは、完全非対面でネット完結!カード発行不要!全国どこでもご指定の銀行口座にお振込み致します。担保、保証人も不要です!インターネット申込み、365日、24時間受付中!申込フォームの入力内容が少なく、簡単に手続きできます♪利用限度額は1万円~500万円まで!大手消費者金融、カードローンの審査が通らなかった場合でも柔軟な審査で対応致します。初めての借り入れ、お急ぎの方、お忙しい方など、キャレントは様々なニーズに対しスピーディーにお応え致します!
キャレントのお申し込みはこちら
個人事業主・法人向けローンの【MRF】


エムアールエフ(MRF)は、ビジネスローンや不動産担保ローンを中心としたご融資サービスを積極的に拡大しています。資金繰りや大きな資金を融資希望の方におすすめのサービスです。最長15年まで更新可能の長期間元金据え置きプランもあります。
MRFお申し込みはこちら

おすすめM&A仲介サービス

地域密着型企業の売却(M&A)は中小企業に特化した【みどり財産コンサルタンツ】


みどり財産コンサルタンツのM&A仲介実績はトップクラス!中小企業に特化したM&A専門会社です。事前相談および着手金無料です。自社株評価および財務分析も無料、まずは評価だけでもOKです!大手M&A仲介業者に相談したが断られた、借金を抱えているため事業を辞められない、ハッピーリタイアメントしたい、など一度ご相談ください。事業売却希望の意志を誰にも相談できず気づけば廃業という選択肢しか残されていなかった…。そんな孤独なビジネスオーナーが多くいらっしゃいます。みどり財産コンサルタンツの強みは地方の中小企業の実態に合わせたスピーディな対応です。
みどり財産コンサルタンツのお申し込みはこちら
M&Aキャピタルパートナーズ


M&Aキャピタルパートナーズは、東証一部上場の信頼と経営者様への直接提案力を保有しています。加えて、オーナー経営者様の決断に真摯に寄り添うことを大切にしている企業です。M&Aキャピタルパートナーズは、専任コンサルタントが寄り添い、納得いただける提案をいたします。着手金無料で、全国どこでもお伺いします。どんなご依頼でもまずはお気軽にお問い合わせください。
着手金無料のM&A仲介 M&Aキャピタルパートナーズお申し込みはこちら
タイトルとURLをコピーしました